ヒアロディープパッチ 使い方

ヒアロディープパッチの使い方について

目の周りの小ジワが気になる方をサポートする化粧品が「ヒアロディープパッチ」です。

 

ヒアロディープパッチの特徴は、
シートに200マイクロメートルのヒアルロン酸の針が並んでいることです。

 

肌にはバリア機能があり、分子が大きなヒアルロン酸は通常浸透しません。

 

ところが、ヒアルロン酸を針にすることで
バリア機能を通過して角質層にまで浸透をします。

 

ヒアルロン酸が不足をしてしぼんだような肌に、ふっくらハリを届けます。
シートに針が並んでいる化粧品はあまり見かけませんよね。

 

使い方に戸惑ってしまう方もいるのではないでしょうか。
でも、それほど難しい使い方ではないので安心をしてください。

 

ヒアロディープパッチは、週に1回使用をします。
夜の洗顔後、化粧水や乳液などで肌を整え、
ヒアロディープパッチを目の下に貼って眠ります。

 

シートを取り出すときには、手を乾いた状態にしてください。
シートを貼る際には、ヒアルロン酸の針を潰さないようにしましょう。

 

貼りつける際には、目の下から3mmほど離します。
シワの部分に付着をしていなくても、
角質層に浸透したヒアルロン酸がシートを貼った周辺に広がります。

 

貼り付けたら、シートを軽く2、3回押さえつけます。翌朝ゆっくりとはがしてください。

 

ヒアロディープパッチ

 

『ヒアロディープパッチ』お得な購入はこちら>>>