ズワイガニのメスはセコガニという名称で呼

ズワイガニのメスはセコガニという名称で呼ばれることがあります。
場所によっては、それ以外にもセイコガニや香箱ガニという名前で呼ばれることもあるようです。
雄を美味しく食べる方法は、カニ味噌もいいのですが、一般によく食べられているのは、脚の身をゆでガニにしたり、焼ガニにしたり、鍋などにして頂く食べ方です。
それに比べて、セコガニはコンパクトなため、脚の身はあまりありません。
しかし、味噌と内子と外子がバランスよく含まれており、大方は、そういった部分を湯がき、珍味として食べます。
色々な種類のかにが通販で手に入る中で、タラバガニは不動の地位を占めていますが、買う前に十分業者のことを調べてください。
もっとお安い、アブラガニというかにがいて、そう簡単には見分けられません。
何の疑いもなくタラバガニを買ったところ、よく見たらアブラガニだったということも実際にありましたので実際に買うときには業者の信頼性を確かめてください。
蟹には色々な種類がありますが、最近人気の蟹の一つに挙げられるのが、花咲蟹という種類の蟹です。
根室の地名「花咲」を冠した名前の通り、根室、釧路といった北海道の東の方でしか獲れない蟹ですが、味わいは上質で、煮たり鉄砲汁の具にするなどの食べ方が好まれます。
ハサミが最も美味しいと言われる花咲蟹ですが、脚の肉には意外なほどの柔らかさもあり、タラバガニよりやや小さいとはいえ、大型で身のたっぷり詰まった蟹です。
ズワイガニなどよりも一足早く、夏頃から秋にかけて旬を迎えるとされますが、漁獲期間が短いのでなかなか手に入りません。
日本人の多くは、食べ放題で出てくる蟹はあまり美味しくないものだという固定観念を抱いているのではないでしょうか。
しかし、食べ放題の良し悪しもピンキリです。
食べ放題でも新鮮で美味しい蟹を食べられるコースが最近は増えてきています。
食べ放題の中でも、ちゃんとした蟹専門店や、蟹の産地での食べ放題なら、蟹の中でも特にグレードの高い蟹をふんだんに振る舞ってくれます。
でも、そうは言っても、やはり本当に極上の蟹をお求めの方は食べ放題のお得さよりも、高くてもブランド蟹を取り寄せるほうがいいでしょうね。
おもてなしなど、かにをご馳走したいとき、インターネットでかにの通信販売を調べ、産地から直接購入できるサイトをぜひお試しください。
冷凍のかになら、一年中どこでも販売されていますが、インターネット通販は、各産地から直接送れることで、産地ならではのお買い得のかにが見つかるかもしれません。
味にうるさい方、お得なかにを買いたい方も、ネット通販を試してみれば一番のおすすめです。
グルメブームで、美味しいものを食べるためならお金を惜しまない人が増えているためか、かに通販の利用者は右肩上がりだといいます。
そんな中、期待したほど美味しくなかったり、契約自体に不満を持つ人からの苦情が相次ぐようになったのです。
多少の違いは許容範囲のうちですが、あまり質が落ちると業者への不満も大きくなります。
かにが届いてしまってからあれこれ文句を並べ立てるよりも、失敗を避けて、安心してかにを楽しむには、周りの評判や実際に食べてみた人の感想など、具体的で信用できる情報を頼りにこれと思ったお店をピックアップします。
今度こそ、最高のかにが味わえるはずです。
最近やたらと増えているSNSなどで検索すればまた違った角度の見方ができ、世界が広がるかもしれませんね。
今では蟹通販の業者はたくさんあります。
購入の際には複数の業者を見比べて決めることになるでしょうが、せっかくの蟹通販で損しないように、以下の点に注意してください。
本当に信用できる業者であれば、良質な蟹だけを仕入れる「目利きのプロ」がいて、このプロフェッショナルが責任をもって蟹の産地まで出向き、厳しい査定をクリアした、優良グレードの商品だけを買い付けてきます。
つまり、プロのお墨付きというわけです。
本当にお客さんのことを考え、品質第一をポリシーにしている業者を選ぶのが蟹通販を上手く利用するコツなのです。
かにの産地として有名な地方と言えば北陸を挙げる方が多いです。
冬はかにと温泉と思えば石川県にある粟津温泉はおすすめでおいしいかにを味わい、温泉でくつろぐために小規模な温泉地ですが、全国から観光客がこの地を訪ねてきます。
粟津近辺で獲れるかには大ぶりで、身はふっくらして味もジューシーです。
かにを求めてこの地を訪れる方は、最高の地だと言えます。
かに通販を検索してみると、ズラッとかにの販売会社が並んでいます。
同じようなお店ばかりでこんなにも多くのお店があり、かにも、こんなに色々あったかと思うほどの豊富さです。
かに好きなだけの素人にお店もかにも選び出せなんて到底無理な相談です。
決めるに当たっては迷ってばかりいても仕方ないのでしょうが、でも選び方はいたって簡単です。
人の尻馬に乗ってしまうことです。
つまり真似っこをすればいいのです。
もちろん、失敗もありえますが。
一見当たり前のことを言っているだけのようですが、真理とはいつもそんなものかもしれません。
分かりやすいランキングや比較サイトなどを参考にしてもいいと思います。
ただ鵜呑みにせずにあくまでも自分で判断しましょう。
何度かいろんなかにを楽しむうちには舌もそれなりに肥え、1位ばかりでなく、少し順位は下でも面白いお店が見つかったりするなど、順位にとらわれない選び方が見つかるはずです。
皆さんはどのかにを食べたいですか。
みんなに知られているのはタラバガニかと思います。
後は、毛蟹も有名ですね。
触ると痛いくらいの硬い毛で覆われており、タラバガニとはまた違った身や味噌のおいしさがお好きな人にはたまりません。
味の勝負なら、ズワイガニもよく知られた種類です。
種類によっておいしさが違うのもかにの特徴で、人それぞれ、好きなかにがあるのです。